経費算入できる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

イニシャルコストが発生しないのが、コピー機をリースするメリットです。初期のコストは大幅に削減できるようになるため、負担の少ない方法になってくるでしょう。ですが、ただで使えるというわけではありません。費用は毎月支払っていくことになります。デメリットにもなりますが、最終的な支払金額で見た時には、購入するよりも余計に支払っていることがほとんどです。しかし、ここにポイントがありますが、経費として算入できることを忘れてはいけません。

経費算入毎月経費算入できるようになるのは、自分たちの試算ではないからです。もちろん、固定資産税も発生することはありませんし、減価償却していく必要もありません。所有権はリース会社が持っているため、そういったことは必要がないからです。毎月一定の金額を支払っていくことになるため、ランニングコストとして把握しやすいところも企業向きであるといえるでしょう。経費算入することまで考えれば、マイナスになるようなことはありません。

リースの問題としては、中途解約はできない契約になります。固定した金額をしはらっていくことになるため、完了するまでは支払いを続ける必要が出てくるでしょう。長期的な支払いはメリットにもデメリットにもなりますので、導入時にはよく検討することが必要です。

参考サイト<https://www.oaland.jp/commerce/
コピー機のリースができるコピー機専門サイト「OAランド」です。

リースのメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

契約イニシャルコストを下げていく方法として有効なのが、コピー機のリース契約になってきます。リースにしておくことによって、イニシャルコストはゼロになるのが重要です。購入では驚くほどの金額を用意しなければいけませんが、リースにはなにも用意する必要がないのは、大きな違いになってくるでしょう。

現金が出ていかないのは非常に大きなことです。運転資金をコピー機に取られないで済むのですから、経営はかなり楽になってくるでしょう。実際に借入れなどで回していかなければいけない場合にも有効です。購入するときにローンを組めば、審査も受けなければいけません。リースも審査を受けなければいけませんが、そこにコピー機という資産があるため、審査はかなり簡略化されますし、回答ももらいやすくなっています。

もちろん資産ではありませんので、自分で売ることはできません。これはデメリットにはつながってきますが、契約が終わったときに回収されるだけのことです。所有権がないから起こることですが、実際には再リースを組めるようなプランが用意されているため、長く使っていくことは可能です。この時に新しい機種に変更することも出切るのですから、便利な方法といえるでしょう。

コピー機のリース

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

企業活動を考えた時に、コピー機は必須の機材であるのは間違いありません。多くの企業が日常から使用していく機材であり、資料なども作成していくことになるでしょう。現在のコピー機には、スキャン機能も充実しています。資料などをデータ化できるようになっており、これをパソコンで共有できるようになりました。データですので、ファイル共有といったこともおこなっていけば、業務は大きく効率化できるでしょう。それほどコピー機は、業務をおこなううえで欠かせない存在になってきています。

コピー機コピー機は、大切な機材であるのは間違いありませんが、決して安価な機材ではありません。それどころか、かなりの金額になってくるでしょう。導入を考えた場合には、どうしてもイニシャルコストがネックになっていきます。あまりに高額になってしまうため、導入を考えてしまう企業もあるほどです。そこで、利用していきたいのは、購入するのではなく、リース契約にすることでしょう。

リースにするのは、購入とは異なります。メリットがたくさんある方法であり、企業であれば会計として考えても有利な部分を持っているのが重要です。活用の仕方次第で、資金繰りにも影響してくることになるのですから、検討しておくべき方法でしょう。ただし、どうしてもわかりにくい部分があります。現金で購入してしまうのと何が違って、どんなメリットがあるのかをはっきりさせておくことが重要ですので、コピー機を導入するというときには、参考にしてみてはいかがでしょうか。