リースのメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

契約イニシャルコストを下げていく方法として有効なのが、コピー機のリース契約になってきます。リースにしておくことによって、イニシャルコストはゼロになるのが重要です。購入では驚くほどの金額を用意しなければいけませんが、リースにはなにも用意する必要がないのは、大きな違いになってくるでしょう。

現金が出ていかないのは非常に大きなことです。運転資金をコピー機に取られないで済むのですから、経営はかなり楽になってくるでしょう。実際に借入れなどで回していかなければいけない場合にも有効です。購入するときにローンを組めば、審査も受けなければいけません。リースも審査を受けなければいけませんが、そこにコピー機という資産があるため、審査はかなり簡略化されますし、回答ももらいやすくなっています。

もちろん資産ではありませんので、自分で売ることはできません。これはデメリットにはつながってきますが、契約が終わったときに回収されるだけのことです。所有権がないから起こることですが、実際には再リースを組めるようなプランが用意されているため、長く使っていくことは可能です。この時に新しい機種に変更することも出切るのですから、便利な方法といえるでしょう。