経費算入できる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

イニシャルコストが発生しないのが、コピー機をリースするメリットです。初期のコストは大幅に削減できるようになるため、負担の少ない方法になってくるでしょう。ですが、ただで使えるというわけではありません。費用は毎月支払っていくことになります。デメリットにもなりますが、最終的な支払金額で見た時には、購入するよりも余計に支払っていることがほとんどです。しかし、ここにポイントがありますが、経費として算入できることを忘れてはいけません。

経費算入毎月経費算入できるようになるのは、自分たちの試算ではないからです。もちろん、固定資産税も発生することはありませんし、減価償却していく必要もありません。所有権はリース会社が持っているため、そういったことは必要がないからです。毎月一定の金額を支払っていくことになるため、ランニングコストとして把握しやすいところも企業向きであるといえるでしょう。経費算入することまで考えれば、マイナスになるようなことはありません。

リースの問題としては、中途解約はできない契約になります。固定した金額をしはらっていくことになるため、完了するまでは支払いを続ける必要が出てくるでしょう。長期的な支払いはメリットにもデメリットにもなりますので、導入時にはよく検討することが必要です。

参考サイト<https://www.oaland.jp/commerce/
コピー機のリースができるコピー機専門サイト「OAランド」です。